Torino XX Olympic Men's 500m

2006 Winter Olympic Games
いよいよトリノ・オリンピックが始まりました。記憶に残るドラマが繰り広げられるとうれしいですネ。ここにはスピードスケートの加藤条冶選手しか掲載しませんが、国籍が違ってもチャドの活躍に注目したいと思います。しばらく寝不足がつづきそうです。

トリノ冬季五輪が開幕・日本、加藤を先頭に入場
 雪と氷のスポーツの祭典、第20回冬季オリンピック・トリノ大会は10日夜(日本時間11日早朝)の開会式で幕を開けた。イタリアでは1956年の第7回コルティナダンペッツォ大会以来、50年ぶりの冬季五輪となり、2002年ソルトレークシティー大会の77を上回る冬季五輪史上最多の80カ国・地域が参加した。
 開会式は3万5000人収容のコムナーレ競技場に満員の観衆を集め、華やかに行われた。「情熱のスパーク」をテーマに、地域の歴史や文化を織り交ぜながらスピード感あふれる演出で盛り上げた。
 日本は海外の冬季五輪で最多となる238人の選手団(選手112人)が参加。前回大会では銀、銅メダル各1個にとどまったが、今回はスピードスケートやフィギュアスケート女子、スノーボードなどでメダル量産を狙う。開会式では32番目に入場し、旗手を務めたスピードスケート男子の加藤条治(日本電産サンキョー)を先頭に選手らは笑顔で行進した。
 韓国と、2大会ぶり出場の北朝鮮は冬季五輪では初めて合同行進。チャンピ大統領の開会宣言やイタリアのアルペンスキー男子、ジョルジョ・ロッカの選手宣誓に続き、聖火は冬季五輪女子史上最多タイのメダル10個を獲得したスキー距離の名選手ステファーニア・ベルモンドさんの手で聖火台に点火された。
  2006 Winter Olympic Games
トリノ五輪が開幕。スタンドに手を振りながら入場行進する日本選手団=10日夜、コムナーレ競技場
 Performer takes part in opening ceremony 2006 Winter Olympic Games
 競技は11日午前(日本同日夜)から始まり、26日まで7競技84種目が行われる。(Feb. 10, 2006 Nikkei)
Japan joins in Olympic opening ceremony, Kato carries flag
 Japan, with high hopes of improving on its woeful showing of four years ago, joined 79 countries at a fiery opening ceremony of the 20th Winter Olympic Games on Friday.
 Speed skater and gold medal prospect Joji Kato led the delegation, Japan's largest-ever team to be sent to an overseas Winter Olympics, into the Stadio Olimpico, the same venue used for the 1934 FIFA World Cup formerly known as Comunale stadium.
 Athletes and officials of Japan's 238-member team, dressed in white overcoats, waved to the 35,000 spectators and smiled into the TV cameras as they filed into the stadium as Kato held up the Japanese flag.
 2006 Winter Olympic Games
Members of the Japanese Olympic team parade during the opening ceremony of the 2006 Winter Olympic Games in Turin, Italy.
  Japan finished with only a silver and a bronze in Salt Lake City in 2002 but is targeting medals in speed skating, figure skating as well as snowboarding and freestyle skiing this time out.
  Kato, who holds the world record in the men's 500 meters, and 500-meter sprint speed skater Tomomi Okazaki, Japan's team captain, will each be shooting for medals while figure skaters Shizuka Arakawa, Fumie Suguri and Miki Ando are also among the country's top medal hopefuls at the 17-day event.
  Under the theme of ''passion, energy and the Italy of the future,'' Italian President Carlo Azeglio Ciampi declared the start of the games which will feature 84 medal competitions in seven sports bringing together some 2,500 athletes in the largest-ever Winter Olympics.
  International Olympic Committee President Jacques Rogge urged the athletes to make their best effort at the competition while remaining true to fair play.
  Please compete in a spirit of fair play. Our world today is in need of peace, understanding and brotherhood. Enjoy this unique sporting spectacle,'' Rogge said.
  Italian gymnast and gold medal winner Yuri Chechi swung a humongous hammer down onto a bronze anvil to spark the theatrical extravaganza in front of the crowd of 35,000 who huddled against the cold winter winds.
  The games opened with rollerbladers shooting red flames from their helmets following dancers, skateboarders and acrobats in a surreal dance to rhythmic drums and techno music, a screeching hotrod Ferrari and capped off by Italian tenor Luciano Pavarotti in the closing act.
  Nestled in the Alps with a population of 900,000, Turin opened Italy's first Winter Olympics in half a century in a montage of fashion and high-tech gimmickry as the country's fourth largest city.
  Largely unheralded, Turin has been known for its vaunted car industry but organizers are convinced that the Olympics will help revitalize tourism in the promotion of the city's ancient architecture and artistic landmarks.
  Italian slalom skier Giorgio Rocca took the athletes' oath and Stefania Belmondo, a 10-time medalist in Olympic cross country skiing who is a native of the village Pontebernardo -- the same region in Turin -- was the final athlete to light the cauldron with Olympic torch which made an arduous trek from Greece last November through parts of Italy and neighboring France.
  The torch relay faced a number of extremist protesters as it neared Turin and had to be diverted several times along the way.
  Athletes from North and South Korea marched together for the first time ever at a Winter Olympics opening ceremony under the unification flag featuring the shape of the Korean Peninsula.
  The two Koreas, who will compete separately, marched together at the 2000 Sydney Olympics and the 2004 Athens Olympics.
  Japan claimed its best haul of 10 medals, including five gold medals, when it hosted the 1998 Nagano Winter Games but has made a target of just five for Turin.
  Italy last held the Winter Games in Cortina d'Ampezzo in 1956. (Feb. 11, 2006 Kyodo)
Flag bearer Kato wowed by opening ceremony
  Speed skater and gold medal hopeful Joji Kato accomplished his first mission at the Turin Olympics on Friday night by leading Japanese athletes and officials at a three-hour gala that opened the 17-day winter sports extravaganza.

  The men's 500-meter world record holder carried the Japanese flag in the opening ceremony at the Stadio Olimpico, where Japan joined 79 other countries taking part in the largest-ever Winter Olympic Games

Photo : Japan's speed skater Joji Kato waves as he carries his national flag during the opening ceremony of the 2006 Winter Olympic Games in Turin, Italy, (Feb. 10. 2006 Kyodo)
 Japan's speed skater Joji Kato waves as he carries his national flag during the opening ceremony of the 2006 Winter Olympic Games in Turin
加藤「34秒台は出せそう」――13日、男子500メートル

13日の男子500メートルに向け練習に励む加藤条治 12日、オーバルリンゴット
 今回の五輪スピードスケート最大の注目種目、男子500メートルが13日、当地の室内リンク、オーバルリンゴットで行われる。12日の練習では、加藤条治(日本電産サンキョー)、清水宏保(NEC)、及川佑(びっくりドンキー)、長島圭一郎(日本電産サンキョー)の出場4選手が約1時間かけて最後の調整を行った。
 世界記録を持ち、金メダルの期待がかかる加藤は鋭い目つきでレースをイメージするようにリンクをゆったりと周回。日本チームの広報を通したコメントで「調子は上がっている。34秒台は出せそう」と、仕上がりに自信を見せた。今村俊明コーチも「優勝した昨季の世界距離別選手権や世界記録を出したレースの前と比べても今回の方がいい」と見た。
3大会連続の五輪メダルがかかる清水も集中した様子でスタート練習をこなし、「本番のレースではベストを尽くして頑張る」とコメントした。
Kato in confident mood ahead of 500-meter races
  Japanese speed skater Joji Kato said Sunday he is confident that his fitness level has improved enough to shoot for the gold in the men's 500 meters at the Turin Olympics.
  Kato completed his final tune-up with an hour-long light workout ahead of Monday's races at the Oval Lingotto arena, where the world record holder runs for Japan's second Olympic gold in speed skating and first since the 1998 Nagano Games. (Feb. 12, 2006 Kyodo)
加藤は16組インスタート 男子五百メートル1回目滑走順
 13日に行われる注目のスピードスケート男子五百メートル1回目の滑走順が12日に決まり、世界記録保持者で金メダルが期待される加藤条治(日本電産サンキョー)は第16組のインからスタートし、マイケル・アイルランド(カナダ)と同走する。
 引き続き行う2回目はインとアウトを入れ替えて滑り、2レースの合計タイムで優勝が決まる。

 好調のジョーイ・チーク(米国)は加藤の組に続く第17組のインで、前回大会は転倒で終わったジェレミー・ウォザースプーン(カナダ)と同走。ドミトリー・ドロフェエフ(ロシア)は第9組のイン、2連覇を狙うケーシー・フィッツランドルフ(米国)は第18組のインで、于鳳桐(中国)と滑る。

 3大会連続メダルを目指す清水宏保(NEC)は第13組のインで、李奎●=火ヘンに赤を2つ(韓国)と滑る。及川佑(びっくりドンキー)は第12組のイン、長島圭一郎(日本電産サンキョー)は第14組のアウトからのスタート。

 会場のオーバルリンゴットで前日の12日に練習した加藤は日本チームの広報を通してコメントを出し「調子は上がっている。34秒台は出せそう」と仕上がりに自信を見せた。清水もスタート練習をこなし「本番のレースではベストを尽くして頑張る」とコメントした。(Feb. 12, 2006 Kyodo)
加藤、1回目失速 男子500m
 スピードスケート男子500メートルで金メダルの本命、加藤の1回目は、失速した。16組インスタート。最初の100メートルが9秒82と伸びず、35秒59の平凡なタイムでフィニッシュ。直前の組で転倒者が出て、予定外に待たされる不運にも見舞われた。重圧とは無縁だったはずの21歳の心が、レース直前にして揺れたのかもしれない。


男子500メートル1本目で、スタートダッシュをかける加藤条治
  年末から年明けにかけては風邪が長引き、練習量を抑えていたが、1月下旬からの最終調整は順調に進んだ。「ひと回り小さくなっていた」というでん部周りの筋肉も鍛え直し、滑り、体調とも万全で迎えた。しかし、「出せると思う」と言った34秒台には遠く及ばず、及川のタイムにも届かなかった。

  清水も、肝心の最初の100メートルが9秒67と伸びず低迷。トップに大差をつけられ、1本目で、2大会ぶりの金奪還はおろか、表彰台も絶望的な状況に追い込まれた。
  陥った「スランプ」から脱しようと、今季は靴を頻繁に替え、古いブレード(刃)まで引っ張り出し、原因を追求しようともがいた。金奪還の夢はピンチに陥った。(Feb.13, 2006 Mainichi)
Japan's Kato makes slow start in hunt for 500 gold
  World record holder Joji Kato of Japan made a sluggish start in his bid for the gold medal in the first run of the speed skating men's 500 meters at the Turin Olympics on Monday.
  Kato, the gold medal favorite, appeared to have his concentration broken after having to wait before his race started and clocked 35.59 seconds to finish in 11th place ahead of the final run at the Oval Lingotto arena.
( Feb. 13, 2006 KYODO)
「金」の夢、1回目で消える 加藤条治、追い上げ及ばず
  金メダルの夢は2回目を滑る前に、消えていた。1回目のレース前に起こったアクシデントが、優勝候補の表彰台への歩みに影を落とした。前の組での出来事だった。選手が最初のカーブの入り口でバランスを崩して氷に傷がついた。レースが約10分間中断。加藤はわざわざそこまで行き、レーンのど真ん中にできた障害をじっと見詰めた。嫌な展開。日本のエースは明らかに動揺して見えた。
  昨年11月、清水の持っていた世界記録を更新。「やっと時代を動かした」と世代交代を予告した。五輪の本命に名乗りを上げ、165センチの小さな体に注がれる視線は日に日に増した。 21歳。「注目を一身に集めたら、つぶれかねない」(鈴木監督)と心配する声もあった。だが、本人は「金メダルに近いと言われるのは成長を認められた証し」と重圧を真っ向から受け止め、動じなかった。レースに向けた仕上がりまでは理想的だった。
  100メートルの通過は9秒82。通常より0秒20ほど遅い。最初のカーブでも上体が揺れ、加速できなかった。最後の直線でアイルランドに並ばれゴール。タイムは35秒59とあまりに平凡だった。次の組でチークが34秒82を出した。11位に沈み、金メダルは絶望となった。
  自在にかけ抜けてきた初めての五輪イヤーの最後に予想外の落とし穴があった。2回目で35秒19を出し、順位を上げるのが精いっぱいだった。

  日本は最もメダルに近いとみられた男子500メートルでも惨敗し、依然メダルなしの不振が続いている。この種目でメダルを逃したのは1980年レークプラシッド大会以来7大会ぶり。
Japan's Oikawa just misses podium spot, Kato 6th
  Gold medal favorite Joji Kato ended his title pursuit in disappointment Monday while countryman Yuya Oikawa narrowly missed out on a podium spot in the men's 500-meter speed skating event at the Turin Olympics.
  World record holder Kato made a sluggish start in his Olympic debut and though he turned on the gas for a turbocharge in his final run, the 21-year-old was too far off the lead to claw his way back to the medals as he finished in sixth place at the Oval Lingotto arena.(Feb. 13, 2006 KYODO)
滑走前にエッジング、刃の傷直せず悲運の加藤
 金メダルに一番近いと言われた男が、度重なる悲運に泣いた。

 男子五百メートル1回目のレース開催中、練習レーンにいた加藤条治は、外国チームのコーチとぶつかった。相手のブレード(刃)と自分の刃が接触する「エッジング」というトラブルだった。

 滑走番が迫り、刃の傷を直す余裕はなかった。日本電産サンキョーの今村俊明監督(43)は、このトラブルを問題にはしていない。ただ、「選手同士のエッジングはたまにあることだが、コーチと選手の接触はない」と一瞬、顔が曇った。

 さらに、一つ前の組の選手が転倒した。氷の補修作業で10分の間(ま)ができた。足のうっ血を避けるため、きつく結んだ靴ひもを緩めるべきか――。判断するには微妙な時間だった。館内アナウンスに聞き入った加藤も結局、「再開時間は分からなかった」。そのまま臨んだ1回目は「カーブで氷を押せなかった。加速感もなかった」と言う。「天才的なカーブワーク」は死んでいた。35秒59で11位は不可抗力による結果だった。

 レース後、今村監督にトラブルを告げ、すぐに控室で自ら刃(MAPLE社のブレード)を研いだ。2回目の開始は50分後。20分を費やし、懸命に研いだ。その結果、2回目は35秒19。これが1回目なら……。

 初の五輪を6位で終えた加藤は言う。「1回目が11位。自分はこんなレベルじゃない。(2回目で)自分を見せられて良かった。でも、金メダルを取れると思っていた。五輪は、結果。悔しい」。外国人コーチとの接触を、報道陣には明かさなかった。

 長野合宿中の1月初旬、インフルエンザで5日間、緊急入院した。年明けから五輪本番まで、誤算が続いた。それでも加藤は言う。「実力をつけ、度胸をつけて、しっかりと出直したい」(Feb. 14, 2006 Yomiuri)
Kato 'mortified' after Olympic nightmare
  It took just 35.59 seconds for 500-meter world record holder Joji Kato's Winter Olympic dream to turn into his worst nightmare.
  Kato came into the Turin Games with the hopes of a nation resting on his shoulders, but the burden proved too heavy and the 21-year-old speedster was left to rue what might have been after finishing a disappointing sixth at Oval Lingotto arena on Monday.(Feb. 14, 2006 KYODO)
Cheek sprints to Men's 500m gold

26歳チーク、リラックスして圧勝
  スピードスケート男子500メートルを制したのは、今季、勢いをつけてきた26歳のチークだった。ただ一人の34秒台を連発して金メダル。「信じられない。2本ともこんなに速く滑れたことは今までなかった」と陽気に話し、「自分に重圧をかけないように、リラックスして楽しもうとしたのがよかった」と勝因を挙げた。
  1回目のレース前、深刻そうだった加藤とは違い、ニコニコと笑い、観客席に両手を挙げた。迫力のある滑りで、2位に計0.65秒差をつけて圧勝した。
  昨年11月のW杯ソルトレークシティ大会では、目の前で加藤に世界新を出され「打ちのめされた」と言う。しかし、今年に入り世界スプリント選手権で総合優勝、W杯コラルボ大会で2連勝し、五輪に合わせて勢いに乗った。
  警戒していたライバルとして加藤、ウォザースプーン(カナダ)、ドロフェエフ(ロシア)の3人の名を挙げ、加藤の不調については「予想しなかった」と話した。ただ、「有力な選手はいっぱいいたけど、僕が一番リラックスしていたんじゃないかな」と平常心を強調した。
会見では寄付を表明
  レース後の記者会見ではいきなり「声明を発表したい」と切り出し、米国オリンピック委員会からもらえる金メダルへの報奨金2万5000ドル(約300万円)を「慈善団体を通じ、紛争でスーダン・ダルフール地方から、チャドへ避難している子供たちに寄付したい」と語った。いろいろな人に世話になった恩返しなのだという。政治や経済に関心を示す青年でもある。(Feb. 13, 2006 )

大統領の夢へ再び スケート500メートル 金のチーク
 「生涯最高の滑りができた」。金メダルにあこがれてスピードスケートを始めた26歳のジョーイ・チーク(米)が、13日の男子500メートルでついに頂点に立った。

 レース後の記者会見。王者は各国メディアの前で自ら切り出した。 「米五輪委員会の金メダル報奨金2万5000ドル(約300万円)は、虐殺のために難民となったスーダンの子どもを助けるために非政府組織(NGO)に寄付をする。企業にも支援を求めたい」。難民キャンプを訪ねる計画も明らかにした。

 五輪直前の世界スプリント選手権を制し、500メートルと1000メートルの優勝候補として迎えた五輪。選手村のベッドで眠りにつく前、白い天井を見つめながら問いなおした。金メダルにいったいどんな意味があるのか、と。 「スケートは楽しいし、愛している。だが正直なところ、少し馬鹿げているように思う。タイツをはいて氷の上を滑り回るために、生涯を費やすなんて。でも僕はスケートが速いおかげで、寄付を集めたり、世界の問題に注意を呼びかけたりできる。大きなことを成し遂げたら、世の中のためになることをしよう」

男子500メートルで優勝し、星条旗を掲げながら場内を回るジョーイ・チーク(米)
 少年時代、米大統領になることを夢見ていた。94年リレハンメル冬季五輪で、スピードスケートの3冠を制したヨハンオラフ・コス(ノルウェー)を見てあこがれが変わった。14歳のときだった。 そのヒーローは、NGO活動を通じて、災害や戦争で苦しむ子どもたちを助けていた。氷を離れたときの振る舞いも、幼い心に焼き付けられた。 それから12年。トリノで初めて対面した。幼いころの思いがよみがえる。

 500メートルのレースがあった13日の朝、もう一度コスに会ってから会場に向かった。リラックスできている自分に気づいた。レースの1回目。感触は35秒台だったが、掲示板を見て驚いた。この日初めての34秒台で首位。「油断しないように」と臨んだ2回目も34秒台を刻んだ。

 この五輪で引退するつもりだ。「98%決めている。中断していた経済学の勉強を再開したい。できればハーバード大で」。再び、政治を目指す気持ちが頭をもたげてきている。(Feb. 13, 2006 Asahi)
Greatness beyond a gold medal
Do you want to be a sports hero? Do you hope to make your mark in the world with deeds that will matter? Are you just seeking inspiration? Tack Joey Cheek's picture up on your wall for a role model.

Cheek, 26, is one of the United States' gold medal champions at the Olympic Games in Turin. He was able to skate 500 meters around an oval faster than anyone. But the true measure of his championship comes from what he said in his post-award press conference Monday.

Speedskating is not the most popular sport in the world, and Cheek knew that his moment of glory would likely be just that - a moment - one flash of stardom. He decided to make the most of his moment. He interrupted the moderator asking the reporters if they had any questions for the skating sensation. He told everyone to listen because he had something more important to talk about than how fast he skated and how hard he trained.

Cheek announced that he was taking his $25,000 gold medal bonus from the United States Olympic Committee and donating it to Right to Play, a humanitarian organization that, according to its Web site, "uses sport and play as a tool for the development of children and youth in the most disadvantaged areas of the world." Cheek said he would funnel his donation to work the organization was doing with refugees from the genocide in Darfur. He said if he won another medal he would donate that bonus to the same cause, and he called on his sponsors, which include some of the big names in sports equipment and apparel, to match his gifts.

"I learned there's a gold medalist tonight," he said. "And tomorrow there's another gold medalist. So I can either take the time and just gush about how wonderful I feel or use it for something productive."

Cheek grew up roller-blading in Greensboro, N.C. At 14 he watched on television as Johann Olav Koss won three gold medals for Norway in the 1994 Olympic Games in Lillehammer. That inspired him to trade in his roller skates for ice skates. Koss, now president and CEO of Right to Play, obviously still inspires Cheek with an ethic that goes beyond training and skating.

Cheek told the reporters he had been thinking for a while what he could do with his instant of fame if he won a gold. "I thought, "Jeez, I might actually have a shot of doing something great in the Olympics. If I do, I want to make it meaningful."

Athletes are a cut above the rest of us when it comes to strength, speed, endurance and agility. We thrill to their performances and often put them on pedestals - which they sometimes fall from outside the arena.

Cheek said he loved his sport and appreciated the opportunities it has given him: "But it's honestly a pretty ridiculous thing. I mean I skate around on ice in tights, right?"

Cheek seems to be that rare star who is able to put his achievement into perspective and to see the greatness that exists beyond the medal stand. (February 15, 2006)

この記事へのコメント